前へ
次へ

七五三の初穂料について

七五三で神社へお祓いをお願いした場合は、初穂料(はつほりょう)を納めます。
神社によって金額は違いますが、だいたい5千円から1万円が相場です。
神社によっては金額を決めているところもあります。
金額を聞くのは失礼にあたらないので、予約の際に尋ねることもできます。
初穂料は必ず、のし袋に入れて持参します。
のし袋は紅白の蝶結びを使用し、「御初穂料」あるいは「玉串料」と書きます(どちらかは神社によって違います)。
名前は子どもの名前をフルネームで書きます。
七五三シーズンは、正式な儀式の日である11月15日近辺です。
お祓いを予約は早めに行い、当日は子どもが疲れてしまわないよう近くの神社を選んだり、履きなれた靴を持参するのが好ましいです。

Page Top